catch-img

実録!司法書士が見抜いた詐欺事件!(第2話)



「あの頃の僕はまだ未熟で、

 不動産の取引がこんなにもシビレルだなんて、

 夢にも思っていなかったよ。」


【お知らせ】2019年11月22日(金)地面師対策無料セミナーを開催します。

  地面師対策セミナーを開催します!! 東京都新宿区四谷三丁目にある司法書士リーガル・パートナーの公式サイト。 不動産取引と家族信託に強く、取引に役立つ有益な情報の発信、 裁判例を中心とした事例から注意点を伝える。 不動産取引と相続 司法書士リーガル・パートナー@東京


日付が変わるころに帰宅した男は、

疲れた様子で身重の妻に語りかけた。

待望の第一子が来月誕生予定なのだ。


 「そう。私も宅建の資格を持っているけど

  そんなことは全然知らなかったな。

  それより、ご飯は食べる?」


妻はあまり興味が無いようだが、

男にとってそんなことは重要ではなかった。


 「悪くない。でも少なめでいいよ。

  明日胃もたれするわけにはいかないからね。」



「急きょ決まった、更地の一括決済」


関連記事

  こんなパターンに注意!不動産取引に関する詐欺事件の特徴や種類をご紹介! 近年増加してる詐欺事件が不動産取引に関する詐欺です。売主になりすましていたり様々なパターンがあるため詐欺の区別がつきにくいです。今回は様々な詐欺のパターンを研究している中で見つけた不動産取引に関する詐欺のパターンや対策方法、特徴をご紹介します。 不動産取引と相続 司法書士リーガル・パートナー@東京


不動産取引の法務を熟知した男にとって

これが何を意味するかは、

太陽が東から昇り西に沈むのと同じくらい明らかだった。


 「キャプテン、この取引はもしかして…」


資料を確認した社員が男に語りかける。

売買予定代金は、2億1000万円だという。

23区西部の好立地、もう少し高く取引されても

良いのではないかと思わせる広い土地だ。


 「難しい質問だ。あるいはそうかもしれないね。」


男は静かに同意した。


 「とにかく、僕らにできることは

  警戒を怠らないことだけさ。まるでミーアキャットのようにね。」


アフリカの生物に詳しくない社員は

わかったふりをしながら笑い、資料の作成を開始した。



「明日の取引は、銀座の●●法律事務所で行います。

 時間は13時からですので、よろしくお願いします。

 少し早めに集合して、打合せをしましょう。」


顧客からの簡潔なメールを確認した男は、

戸惑いを隠せなかった。



 「弁護士事務所だと…?」



社員全員が帰宅し一人になったオフィスで、

男はつぶやいた。

食事帰りの会社員たちの笑い声が

どこからか聞こえてくる。



 「ともかく」



男は自分に言い聞かせるように声を張り上げた。



 「世の中にはいいやつも悪いやつもいる。

  それは肩書では解らないものさ。」



男の中のミーアキャットは、警戒を緩めるどころか

さらに感覚が研ぎ澄まされていった。




つづく



 



 

堀内貴敬

堀内貴敬

司法書士リーガル・パートナー代表司法書士。 不動産取引の法務に精通し、権利証の偽造事件を未然に防いだ実績がある。 現在は、家族信託を利用した生前対策の提案を積極的に行っている。

関連記事

【地面師逮捕】横浜で起きた事件、詐欺の手口をご紹介します【被害額1億2300万円】

2019-12-16 16:05

先日、横浜市都筑区にある土地の所有者になりすまして土地を売却した無職・倉石健一容疑者(69)が逮捕されたと報道されました。 被害額は1億2300万円です。 先日のセミナーでもご紹介しましたが、先月(2019年11月)杉並区の土地で逮捕者が出たばかりでした。今回は横浜ですね。

地面師対策セミナーを開催します!!

2019-10-16 13:21

東京都新宿区四谷三丁目にある司法書士リーガル・パートナーの公式サイト。 不動産取引と家族信託に強く、取引に役立つ有益な情報の発信、 裁判例を中心とした事例から注意点を伝える。

配偶者居住権って何?ポイントと注意点

2019-08-21 11:21

民法改正に伴い、「配偶者居住権」が新設されます。まだ施行前ではありますが、どのような権利なのか、そしてその注意点をまとめました。長年連れ添ったパートナーに先立たれ、残された配偶者がその後安心して暮らせるように活用できる制度となっています。

掘削承諾の黙示録

2019-07-19 13:15

ライフライン工事のため、私道所有者の承諾を得たいが、どうしても承諾が得られない! そんな時に、どんな対処法があるのかを検証していきます。

あるいは隣人という名の『隠れた瑕疵』

2019-04-01 12:38

隣人の脅迫的な言辞が、土地自体の心理的瑕疵となり得るのか? 当該不動産を売却した者は、瑕疵担保責任を問われてしまうのか? そして、そんな迷惑な隣人にはどう対処すべきかを明らかに。

実録!司法書士が見抜いた詐欺事件!(第5話)

2017-08-29 16:20

不動産の詐欺事件は、実際に起こっているとはいえ、取り扱ったことのある司法書士事務所は限られています。司法書士リーガル・パートナーは、売主なりすまし詐欺を見抜き、被害を未然に防ぎました!!

お問い合わせ

不動産の法律に関するご相談はお気軽に!