catch-img

こんなパターンに注意!不動産取引に関する詐欺事件の特徴や種類をご紹介!


不動産の取引に携わっていると、

「詐欺事件」が以外に多いことに気づきます。

直近3年間に弊所で確認できた詐欺事件は、15件でした。

年間5件。御社が被害に遭わないために、

その特徴を知っておきましょう!


売主なりすまし詐欺の特徴


司法書士リーガル・パートナーでは、

不動産売買における詐欺被害を食い止めるべく

常に最新の事件を把握・検討しております。

その結果、詐欺取引には、以下の3つの特徴が当てはまることが

非常に多いことが確認できました。


1.更地所有権のみの取引である。

取引の対象物件は、更地であることがほとんどです。

しかも、抵当権や借地権等、第三者の権利が付着していない更地です。

なぜか??

第三者の権利がついていると、解除や引継ぎが生じるため、

騙しきれなくなるからです。


2.契約と同時に決済で非常に急いでいる


通常の不動産取引は、

契約(手付交付)→契約条件の達成(境界確定など)→残金決済

という流れで進むのが一般的ですが、

詐欺取引は契約と決済が同時です。

契約から決済までの間で、詐欺であることが

判明してしまうからでしょう。




3.少なくとも1億5000万円以上の物件である。





 物件の価格は、少なくとも1億5000万円以上ある

ケースがほとんどです。

詐欺グループも、やるからには億単位で儲けないと

割に合わないのでしょう。




まとめ


以上から、


  1. 所有権のみの更地

  2. 契約決済が同時で非常に急いでいる

  3. 1億5000万円以上


以上に当てはまるお取引は、

細心の注意を払いましょう!!


堀内貴敬

堀内貴敬

司法書士リーガル・パートナー代表司法書士。 不動産取引の法務に精通し、権利証の偽造事件を未然に防いだ実績がある。 現在は、家族信託を利用した生前対策の提案を積極的に行っている。

関連記事

【地面師逮捕】横浜で起きた事件、詐欺の手口をご紹介します【被害額1億2300万円】

2019-12-16 16:05

先日、横浜市都筑区にある土地の所有者になりすまして土地を売却した無職・倉石健一容疑者(69)が逮捕されたと報道されました。 被害額は1億2300万円です。 先日のセミナーでもご紹介しましたが、先月(2019年11月)杉並区の土地で逮捕者が出たばかりでした。今回は横浜ですね。

積水ハウス63億円事件

2017-08-10 18:18

積水ハウスが地面師による不動産詐欺事件に巻き込まれました!その手口を検証します。

実録!司法書士が見抜いた詐欺事件!(第3話)

2017-05-10 12:28

不動産の詐欺事件は、実際に起こっているとはいえ、取り扱ったことのある司法書士事務所は限られています。司法書士リーガル・パートナーは、売主なりすまし詐欺を見抜き、被害を未然に防ぎました!!

実録!司法書士が見抜いた詐欺事件!(第2話)

2017-05-10 10:23

不動産の詐欺事件は、実際に起こっているとはいえ、取り扱ったことのある司法書士事務所は限られています。司法書士リーガル・パートナーは、売主なりすまし詐欺を見抜き、被害を未然に防ぎました!!

実録!司法書士が見抜いた詐欺事件!(第1話)

2017-05-10 08:33

不動産の詐欺事件は、実際に起こっているとはいえ、取り扱ったことのある司法書士事務所は限られています。司法書士リーガル・パートナーは、売主なりすまし詐欺を見抜き、被害を未然に防ぎました!!

【確認必須】高齢者の不動産売却時に注意しなくては意思能力とは?

2017-05-09 18:04

高齢化社会になるにつれて高齢者の方が不動産の売却を行う場面も増えてます。不動産取引時に大切なことは契約をする際にその人物が物事を正しく判断する「意思能力」を持ち合わせていることが大切です。今回は意思能力の判断基準や認知症についてお話します。

お問い合わせ

不動産の法律に関するご相談はお気軽に!

記事ランキング

タグ一覧

\家族信託のご相談はコチラ/

\家族信託の活用事例・実践ガイド/