オンライン家族信託セミナー開催のお知らせ


家族信託とは、認知症などでご本人の財産が凍結される前に

信頼できる方(家族・友人など)に財産の管理・運用を託す制度です。

将来もし認知症になってしまっても家族が安心して暮らすことが

できる環境を作る事が可能になります。

今回は、成年後見制度との違いを中心に解説いたします。

オンライン会議アプリZoomを使用したオンラインセミナーです!!

ご自宅や職場でセミナーにご参加頂く事が可能です!!
日時:7月15日(水) 18:00~19:30
定員:15名様(事前予約制)
参加費:無料
※質疑応答の時間あり
※個別のご相談も随時受け付けております(お電話にてご連絡ください)
※個別相談もオンラインでの対応が可能です。
 お問い合わせ先 ☎03-6273-1583

お申込み・ご予約は下記の申し込みフォームで!!


なぜ家族信託(民事信託)が
認知症対策で最も有効なのか?


現在、認知症・相続対策で最も有効とも言われる家族信託(民事信託)ですが、 家族信託には、以下の3つのメリットがあります。

①成年後見では対応出来ない財産管理のご要望に応える事が出来る。

②後見人への月々の報酬額負担金(約5〜6万円)を回避する事が出来る。

③遺言書としての効力を持ち合わせ相続に備えることが出来る。


講師紹介



当社のご紹介


事務所名

 司法書士リーガル・パートナー
 代表者

堀内 貴敬(東京司法書士会所属 第4881号)

住所

 東京都新宿区四谷三丁目13番4号 亜細亜観光ビル8階
 TEL/FAX

TEL:03-6273-1583  FAX:03-6273-1593


お申込みフォーム